未経験者からマーケティング職になることは可能か?

広告・PR業界への転職支援をしている転職エージェントのハウズワークです。

華やかなイメージのあるマーケティング領域への就職は、新卒就職だけでなく、社会人の転職でも人気なのは変わりません。しかし、いざ転職をしようと思い求人を見てみると、ほとんどが「経験者に限る」などの項目があってがっかりされる方も。

では、未経験者の場合には、マーケティング職への転職はできないのでしょうか?



いえ、そんなことはありません。 ハウズワークでは、未経験者の転職も十分可能だと考えています。

今回は、未経験者がマーケティング職へ転職するために、すべき準備をご紹介します。



「マーケティング職になりたい」というメッセージは伝わらない


まず、「マーケティング職に転職したいです。」と面談時におっしゃる方がいるのですが、マーケティング職と一重にいっても専門分野が多岐にわたって分かれていることを知る必要があります。

マーケティングの上流側である、戦略やリサーチから、下流のコミュニケーション側である、マス広告、ネット広告、セールスプロモーション、PRなどなど。

マーケティングと一言でいっても、マーケティングプロセスのなかで求められる知識もスキルも素質も異なります。

つまり、「マーケティングをしたい」というメッセージは、採用担当者にしてみれば、よくわからないメッセージなのです。マーケティング職へ未経験からの転職を希望するのなら、プロモーションの全容をざっくりと把握して、そのなかでも自分が携わりたい分野を絞って伝えることが大切です。


未経験者からのマーケティング職は狭き門……でも方法はある!


未経験者でマーケティングコンサルやリサーチ、総合広告代理店や大手PR会社への転職を希望される方も。実は、これは簡単ではありません。

そもそも、コンサル会社や総合広告代理店、大手PR会社が、未経験者に採用の門戸を開いているかといえば、本音のところ「少ない」というのが厳しい現実です。

しかし、総合広告代理店や大手PR会社への転職を諦める必要はありません。ハウズワークでは、次のようなご提案をしています。



今の経験を活かす


世の中に数多あるマーケティング職のなかには、特定の業界に特化したものが少なくありません。まずは、それまで経験してきた業界のマーケティング職を目指すことをご提案しています。実際に、ハウズワークからのご紹介で、特定業界に特化したネット広告会社に転職し、その会社をステップとして、PR会社のプロデューサー職になった方もいらっしゃいます。



趣味をキャリアに変える


趣味の領域でのノウハウや経験をアピールしてマーケティング職に転職することも可能です。例えば、プライベートでインスタグラムを利用している方であれば、インプレッションやフォロアーを増やすためのノウハウを伝えられれば、インスタグラムの運用や広告に関する会社に入れる可能性が十分にあります。



転職は点ではなく「線」で考える


今回は、未経験からマーケティング職に転職するための道筋をご紹介しましたが、未経験者の方には、転職を点ではなく「線」で考えていただいたいと考えています。

理想の働く姿や就職したい会社があるとするならば、「そこに辿り着くために必要なキャリアとスキルを2年で身につける」と言う風に考えていただきたいということです。必要なキャリアやスキルについては、ハウズワークにご相談いただければ的確なアドバイスをさせていただきます。

転職を「線」で考える私たちは、転職成功後も、皆様が本当に理想の働く姿を手に入れるっために、フォローを続けさせていただいております。日頃のコミュニケーションはもちろん、時には食事会を開催することもあります。


ハウズワークとともに、理想に向かっての一歩を踏み出してみませんか?



#キャリア