意外と知らない広告とPRの違い

皆さんは広告とPRの違いを明確に話すことが出来ますか?


PRも広告も、マーケティング・コミュニケーションにおける施策であり、企業や団体の商品やサービスを媒体(テレビや新聞、雑誌、インターネットなどのメディア)を通じて世の中に広めるという点では同じですが、そのメディアへのアプローチ方法や情報の発信方法には決定的な違いがあります。



広告って?

広告とは、世の中に商品やサービスを広く知らせ、人の関心を引きつけることです。有償でメディアの枠を買い取り、その中で広告主が訴求したい内容を自由に表現する活動になります。対象メディアは4マス(テレビ・新聞・雑誌・ラジオ)の他、交通広告、OOH(屋外広告)、WEBのバナー、リスティングなど様々な施策があります。

PRって?

すでにPRという言葉自体は、かなり昔から「自己PR」や「商品やサービスをPRする」というような形で浸透はしているかと思いますが、それは自己主張や宣伝といった意味合いで使われていることが多く、本来の意味とは少し違います。PRとはPublic Relationsの略で、本来の意味は「組織とその組織を取り巻く人間(個人・集団・社会)との望ましい関係を作り出すための考え方および行動のあり方(「日本パブリックリレーションズ協会から引用)」です。 要は、企業や団体などの組織が、ステークホルダーとの間で、お互いに利益をもたらす関係性を築いて、それを維持する為の働きかけを行うということです。


広告とPRの違い

上記のことから、広告とPRの決定的な違いはメディアに対しての料金発生の有無です。 PRはメディアに広告料などを払うことなく、商品やサービスの情報を、メディアに取り上げてもらいやすい形で発信する活動ですので、あくまでも主導権はメディア側にあります。逆に広告はメディアから広告枠を購入し、広告内容を提供している為、主導権は企業側にあり企業の意思を反映させることが可能です。

但し、昨今ではPR施策も一方通行の情報発信ではなく、インタラクティブ性が求められており、SNSやブログによる情報発信や、オウンドメディア、コンテンツマーケティングなどもPR活動の一環として位置づけられています。ですので、メディアには無償で露出を獲得する一方、各種作業費など費用が発生する為、一概に「PR=無償」とは言えません。

広告はTV CMなどインパクトが強くユーザーへの影響力も大きく感じますが、メディア側の意思によって取り上げられたPRの記事は客観性が増し、ユーザーからの高い信頼を得ることが出来ますので、それぞれのメリットを考慮した使い分けが理想です。


広告とPR、それぞれに求められる適性は?

まず、両者に共通して求められる能力は、ロジカルで説得力のあるプレゼン能力です。また、情報感度の高さは、広告やPRというよりマーケティングコミュニケーション領域全般に求められる素養です。

個別の話をすると、広告代理店はCMやWEBキャンペーン、グラフィックなど自分たちが創り上げるクリエイティブやプロモーションがそのまま評価されるので、自己表現がしたいという方や、自分の仕事が目に見える評価を受けることにやりがいを感じる方に向いています。

一方、PR会社は目に見えるプロダクトを作るというより、メディアへの働きかけによってブームを巻き起こしたり、社会の流れを変えることにやりがいを感じる方に向いているといえます。


業務の違いは?

広告やPRでは1つのプロジェクトに対する関わり方が違います。広告代理店は細かく分業されています。例えば営業でも、一般的な営業、クリエイティブな営業、広告枠に対する営業など担当が細かく分けられています。PR会社は対外的なポジションでいえば、クライアントに対する営業とメディアに対する営業の2種類で、その両方を一気通貫で担うことも会社によってはあります。 広告はより専門的、PRは横断的な働き方が求められるという点に違いがあります。


給料の違いは?

一概には言えませんが、同じ年次であればPR会社よりも広告代理店の方が給料は高い傾向にあります。それは、広告とPRのビジネスモデルの違いに由来します。広告は主に扱う広告枠によって売り上げが決まるのに対し、PRはプロジェクトごとの労働量の対価としてフィーが決まります。つまり、広告代理店は広告枠にお金がつき、PR会社が人にお金がつくのでその違いが売上げの違いに現れています。


まとめ

広告とPRの違いについて色々な視点からお伝えしました。その違いは掴めましたでしょうか? 最近は、SNSを中心に直接ユーザーと触れ合える機会が増えており、広告手法もPRの目指すところである“関係構築”方法も多様化しています。

ハウズワークでは、広告やPR業界に明るいエージェントが面談させていただきます。 「企画がしたい」「マーケティングの仕事がしたい」「社会に影響を及ぼす仕事がしたい」など理由は何でも構いません。

キャリアイメージをお聞きしながら、広告やPR、事業会社の宣伝や広報など皆様に合うお仕事を一緒に考えさせていただきます。


#業界